事故車買取サービス業者ガイド

突然起こるまさかの事故。お悩みのタネとなりがちなのは、高額な修理や廃車の費用。
しかし、最近は事故車を専門とした買取業者が存在するのをご存じですか?
実際に管理人の持つ事故車で見積もりをとった結果も掲載していますので、一度相談してみる事を強くオススメします!

事故車買取業者に査定依頼した見積もり結果はコチラ

マツダ

走りにこだわった車づくりで、根強いファンを持つマツダ、事故車の買取相場はどのようになっているでしょうか。

事故車なら、あのマツダ車はいくらぐらいの相場で売れる?

■アテンザセダン
買取金額:100,000円

  • 年式:平成25年
  • 損傷データ:フロント大破

■CX-5
買取金額:650,000円

  • 年式:平成26年
  • グレード:XD
  • 損傷データ:フロント、足回り、エアバッグ (自力走行不可)

■デミオ
買取金額:100,000円

  • 年式:平成22年
  • グレード:13C-V
  • 損傷データ:リア、足回り(自力走行不可)

■アテンザスポーツワゴン
買取金額:160,000円

  • 年式:平成22年
  • グレード:25S
  • 損傷データ:フロント、エアバッグ、足回り(自力走行不可)

■ロードスター
買取金額:670,000円

  • 車両情報:年式平成26年
  • グレード:RS
  • 損傷データ:フロント、リア(自力走行不可)

■ビアンテ
買取金額:430,000円

  • 年式:平成26年
  • 損傷データ:フロント、サイド、足回り(自力走行不可)

■デミオ 13C
買取金額:210,000円

  • 年式:平成22年
  • 損傷データ:フロントガラス 屋根の破損

高く評価されるマツダの車種とは

事故車となっても価値の落ちにくいマツダの車にMPVがありあます。「スポーツカーの発想で、ミニバンを変える」のキャッチコピーで登場しただけあり、珍しいターボエンジン搭載のグレードをラインナップするなど新しいミニバンの境地を切り拓いたと評価される車種です。

マイナーチェンジにより、本革と木目調のステアリングやパワーシート(運転席)、電動ゲート、電動で復帰するシートなどを搭載した、より高いグレードも登場しており、中古車市場では人気の高いミニバンとして知られています。

また、マツダで注目したい車種としては、デミオがあります。デミオは、欧州で鍛えた商品力が日本での車づくりにフィードバックされたコンパクトカーです。 1996年に登場した車種ですが、2014年に大きくモデルチェンジし、2014年日本カーオブザイヤー、2014グッドデザイン金賞を受賞。それまでの日本車にはなかった優れたデザインと環境にやさしいクリーンディーゼルエンジン、上質なインテリアなどが、現在も非常に高く評価されています。